FC2ブログ

処女の女子大生に全身アロマオイルマッサージしてきた

今回依頼してくれた方は女子大に通う21歳の大学生。


最後に彼氏がいたのは高校の時にまで遡るそうで、女子大に通っている現在は
特に出会いもなく積極的に彼氏がほしいとも思っていなかったそうです。

男性経験はキスくらいしかないと言うものの、昔からエッチな願望は強かったようで
僕にメールしようかずっと迷っていたそうなのですが、最終的には性欲には勝てなかったと仰っていました。


僕も言ってみればアラサーでそこそこいい年をしていて分別のある紳士です。




女子大に通う21歳?
処女?
宮崎あおいに似てるって言われる?





へー、そうなんですか。
申し訳ないのですが、私はそんな小娘には全くもって興味がありません。
大学と処女の卒業頑張ってくださいね。



おととい来やがれってんだ…!






ふと気づくと僕は渋谷のドンキホーテ前にいました。
そう、待ち合わせとして指定された場所です。




”他人のために尽くす人生こそ、価値ある人生だ”



僕が尊敬する偉人、アインシュタイン先生の言葉です。
そう、その言葉が僕を突き動かしたのです。



決して

『女子大に通い宮崎あおいに似ていると言われる処女の21歳』

が魅力的だと思ったわけではないので勘違いだけはやめてくださいね。


(↑と、魅力を感じないと絶対に会おうとしないクズが言っています)





待ち合わせ場所で女性と落ち合い、事前に決めてあったラブホテルに入ります。



「会うのめっちゃ楽しみにしてたんですよー!」



癒し系の声でそんな嬉しいことを言ってくれた、ふわふわした雰囲気で小顔で
愛嬌のある可愛らしい容姿の今回の女性。


会う前に通話をしていたからか、お互い緊張というよりかは昔から仲が良かったような雰囲気で、
共通の趣味があったので一時間半くらい話に花を咲かせます。





お風呂に一緒に入ることになり、入浴剤を入れジェットバスにして放置していると
泡が爆発しているハプニングに見舞われます




泡ぶろ





ハート型のお風呂とスレンダーな身体の今回の女性



unnamed (6)




父親以外の異性とお風呂に入ったこともなければ裸を見せたこともなかったようで
最初はとても恥ずかしそうにしていたのですが、徐々に慣れてこちらの肌にも触れてきます。



「肌白くてキレイですね~」
「ツルツルしてる!」




僕が後ろから抱きしめる体勢になりお腹に手を回していたのですが、
ふとおっぱいを触ろうとすると「そこはだめ(笑)」と触らせてくれません(;´・ω・)



壁ドンしてキスしてほしいという希望をメールで聞いていたのですが、さすがにキャラに合わない僕がやったら
大惨事になるので普通に肩を引き寄せてチュッと軽くキスをします。


「唇めっちゃ柔らかいですね…」


少し笑みを浮かべながら恥ずかしそうにうつむいているのが可愛いです(*´Д`)


30分くらいお風呂に浸かった後は浴槽から出て、
全身と髪の毛を20分くらいかけて洗ってあげて、
お風呂から出るときには濡れた身体をタオルで拭いてあげて、
髪の毛をドライヤーで乾かしてあげます。


お世話をしてもらってるみたいととても楽しそうにしていましたが、こちらもすごく楽しいですm(_ _)m


一通り終えると、二人でごろんとベッドに横になります。



「〇〇さんめっちゃいい匂いしますね~!」



(あと数年で加齢臭が、いや、もうすでに漂っている可能性も無きにしもあらずなのでいつもより
多めにボディソープで洗ってまいりました…)




そんなことを心の中で思いながら肌を寄せ合いいちゃいちゃします。


今回の女性の希望の一つにアロマオイルマッサージがあったので、次にすることになります。
僕はまだアロマオイルを買い揃えていないのですが、女性が普段使っているものを持ってきて
くれたというのでそれを使います。


バスローブを脱いでも寒くない温度に室内を調整し、部屋を薄暗くします。
BGMには彼女が持ってきた〇〇の音楽が流れています。


バスローブを脱いで下着姿になってもらい、うつ伏せに寝てもらいます。
一緒にお風呂に入って裸を見られたりお互いの肌に触れ合って慣れたこともあってか、既にリラックスしている様子です。


ラベンダーの香るマッサージオイルを手のひらに取り、まずはふくらはぎから太ももにかけて
オイルの成分を肌に染みこませるように手のひらを滑らせます。


今回は性的に快感を与える性感マッサージではないのでフェザータッチではなく、
純粋にリラックスしてもらえるように軽い力加減でマッサージします。


「手が暖かくて気持ちいい…」



一本の脚を両手で上下に20往復くらいしたらもう片方の脚も同じようにマッサージします。


末端冷え性のようで、ふと足先を触ってみるとすごく冷たいです。
暖めてあげる意味も込めて足指の全体を手で包み込んで揉んであげたり、
足の裏を親指で指圧マッサージします。


次は背中。
ブラジャーを取り、腰あたりから背骨に沿って首筋へまっすぐマッサージして、
首筋から両肩を優しく揉みほぐしながら両肩の端へ。
それを何回も繰り返します。


「すごく気持ちいいです…」
「寝ちゃいそう」




次に仰向けになってもらい、また脚から始まりお腹や胸、腕、手、と
ラベンダーの香るマッサージオイルをつけた手のひらを滑らせ全身をマッサージしたのでした。



本を数冊読んでいるので知識はあるものの所詮は素人ですので技術的にはまだまだだと思うのですが、
真心を込めてマッサージするとそれが伝わってリラックスしてもらえるものですね。

有料なんてとんでもないですが、無料(場所代くらい)ですので利用価値はあると信じたいです(笑)


次にクンニをしたのですが、話が長くなってしまうので今回は省略で(_ _)



クンニ







「目を瞑っていていてください(^^)」


帰る直前にそんなこと言うので
何だろうと思いながら目を瞑り、
声を掛けられ目を開けると目の前に小さな紙袋があります。

そうです、この日はバレンタインデーがあと数日に迫っていたのです。


申し訳ないので全然そんな気を使ってもらわなくても良かったんですけど、口の中でとろける甘く美味しいチョコレートでした。

とろけ具合でいえば、彼女のまんこも負けていな



「本日はありがとうございました(>_<)

なかなか普段では味わえないHな体験が出来ました。&マッサージ気持ちよかったです!

マッサージは、手が暖かく、指圧もちょうど良くてとても気持ちよかったです〜!

あと、自分は身体を舐められるのが好きなんだなあと思い、勉強になりました。


人見知りなんですが、自分が思った以上に話せてよかったです!(^ω^)


どこをとっても、今日は楽しかったです。(>_<)
時間があっという間すぎて、嘘のようでした、、( ゚д゚)
年の離れたお兄ちゃんって、感じで楽しかったです笑

また、相手してくれたら光栄です〜。」

美人OLさんにクンニしてきた

「初めて舐め犬という男性がいらっしゃるのを知りました。
ブログとお写真を見て興味があってメールさせて頂きました。」




前回のブログ記事で、女性のライターさんが女性向けサイトのコラムで僕との体験談を書いてくれたと
お話しましたが、



今回の女性はその女性向けサイトをたまに見ているという読者さんで、
コラムを読んで”舐め犬”という存在を知って興味が湧き、僕のブログを見つけメールしてくれたそうです。



知らない人に会うのは怖いけどこの人だったら大丈夫かな
思ってくれたとのことでした。



余談ですが、会った後は決まって「いい人で良かった~」と言ってもらえていますが、
いい人かどうかはさておき、安全で便利で都合がいい存在なんだろうな~と我ながら思ったりします。


嫌と言われることはしないし、
会ってる時は大体なんでも言うこと聞くし、
割り切ってるので綺麗な女性でも惚れたりしないし、
メールも相手から送ってこない限り自分からは送らないし、

頑張ればお〇っこだって少しは飲んであげられるし

(↑…。)


わずらわしい関係にはなりたくないけど割り切って欲求不満を解消したい
っていう女性にはぴったりかもしれないですね。



話を戻しますが、
今回依頼してくれた女性は20代後半のOLさん。

相手に気を使うことなくクンニしてもらいたいとのことでした。


なかなかお互いの都合が合わず、会うことになったのはメールをもらってだいたい2週間後くらい
だったでしょうか。


冬にしては暖かい陽気に包まれた2月の某日。

待ち合わせ場所に現れたのは
目はパッチリ二重で鼻は高く髪型含めモデルの中村アンさんにそっくりな美人さんでした。


「はじめまして!」
「想像していたより見た目若いですね~!」



身長は高めでとても明るくはつらつとした女性で、会って早々
年下なのに率先して話を盛り上げてくれます。


(いやいつもは率先して僕が会話をリードしてます、たぶん…!!)



僕がしていることは”女性の性欲解消”という必要なことではあるものの
おおっぴらには言えないようなことなので、
えっこんな人が僕に依頼してくれたんだと会って驚くことも稀にあります。
今回の女性は外見的にも内面的にもまさにそれに当てはまる女性かもしれないですね。



女性の方も僕で大丈夫そうだったのでお話をしながらラブホテルに向かいます。


「初対面の人といきなりこんなとこに来るなんて人生初の経験なのでなんか恥ずかしいですね…!」


笑いながらラブホテルのエレベーターの中でそんなことを呟かれます。



(部屋に着いたらパンツを脱いでもらって秘部を舐めるというもーっと恥ずかしいことが待ってるんですよ…ニヤニヤ)


そんな最低なことを思ったかどうかはさておき、部屋に到着。


(↑無実です思ってません(>_<))




unnamed (5)




買ってきてくれたというお茶を頂き、別々にシャワーを浴び、ソファーでお互いの趣味の話など雑談を交わします。


10分ほどお話をして、時間もあまりなかったので電気を暗くしてベッドに移動し、横になり抱き合った状態になります。


しばらくハグをしながらお互いの体の感触や体温を感じて相手に慣れた後は、
バスローブをはだけさせおっぱいを手で優しく揉みつつ乳首を口に含みます。


「あっ」


自然に声が漏れます。


「もっと強くして…」


最初は優しく乳首を舌でレロレロしてたのですが、
強めに舌で乳首を転がしたり吸ったり甘噛みをしたりします。



「はぁ……はぁ……」


静かながらも息遣いが聞こえてきます。


片手と唇で乳首を責めつつ、もう片方の手の中指でパンティの上から優しく股間を撫でます。

シャワーを直前に浴びていたにも関わらず少しパンティが湿っているのを感じながら指で優しくなぞり続けます。
そしてお腹やおへそを通って唇を下に移動させていきます。


微かに蒸れているような性的興奮を誘う香りを鼻孔に感じながらショッキングピンク色のセクシーな
パンティと太ももの境界の部分をねちっこく舐めて焦らしていきます。


「んっ…」


くすぐったさもあるようで時折身体をピクピク動かしたりします。

焦らすように舐めた後はいよいよパンティを脱がします。

無造作に生えている陰毛がとても卑猥で、興奮しながらペロッと女性器に舌を這わせます。


「あっ・・・気持ちいい・・・・・」


ソフトクリームを舐めるときのように下から上にペロペロしたり、
クリトリスを優しくビンタするように横にレロレロ舐めたりします。


「次はクリトリス吸って…」



言われたようにちゅーちゅーと音を出して吸ったり、時折くちびると歯で優しく挟んだりします。


「んっ・・・あっ・・・」


「顔に座っていい?」



やったことがないからやってみたいとメールで話していた顔面騎乗位です。

口に女性器を押し付けると同時に、自身が気持ちよくなるように腰を前後に動かします。
僕は舌を出すだけの玩具と化しています。


「あぁぁん!」


最後は舐めやすいように女性自身でクリトリス部分を指で広げ、クリトリスをレロレロと舐めさせて
同時に僕は下から両手で乳首を弄ります。


「あぁん、いい…!」
「いっちゃう…いきそう…もうだめっ!!!」



クンニでイったことがないと話していましたが、無事絶頂を迎えることができたようでした。



ところで、イクと「もう舐めないで!」という女性と「もっと続けて!」とういう女性がいますよね。
どっち派が多いんだろう(>_<)




20歳女性の一日彼氏になってきた

「失礼します。ちょっとだけ興味あるんですが…」



始まりはTwitterでお互いがフォローしていない見知らぬ女性からのDMでした。
「クンニ」と検索をかけて僕のことを知ってくれたと言います。



話を聞いてみると、

・SEXの経験はあるもののクンニの経験が全くなく興味がある
・相手に遠慮してしまっていつもは自分が奉仕する側だったけど、クンニが好きな男性に心置きなく舐められてみたい
・これから仕事が忙しくなるので人と付き合うことには抵抗があり、一日だけラブホでカップルみたいに過ごしてみたい

というものでした。


会う前にどんな人か知りたいということでカカオトークで通話することになったのですが、
「凄く優しそうだったので会ってみたくなりました!」
と言って頂き、会うことになりました。


待ち合わせ場所は池袋の某所。



ヘアモデルやファッションモデルをたまにすることもあると言うだけあって、オシャレで色白で髪がサラサラしていて目が大きく
明るい性格の女の子らしい方でした。


ラブホテルの部屋に着き寛いでいると、お土産でワッフルを買ってきてくれたと言います。


「ねぇ、右のワッフルと左のワッフルどっちがいーい?」


紙袋に入っていて見えない状態でそんなことを言うのがいちいち可愛いですΣ(゚Д゚)


2人で美味しく食べ終えると、浴槽にお湯を溜め一緒にお風呂に入ることになります。


ラブホテルに来たことが一度もなかったようで、暗い中で次々と色が変わるライトとバブルバスに
「うわー、凄い!」と感動している様子\(^o^)/


湯船でお互いの体に触れあったり後ろから抱きしめた体勢になって頬や耳にキスをしたり
自分がやりたいことをやっただけですが、できるだけ彼氏っぽくなれるよう心掛けます(._.)


続いて浴槽から出て僕が女性の体を洗ってあげることになります。


「裸見られるの恥ずかしい…」


たっぷりボディーソープをつけ、泡立て、手のひらで背中から洗ってあげます。


「んふふ…そこはくすぐったい…」

と脇や脇腹にいくとくすぐったかったようで笑っていたので集中的に洗ってあげます(笑)


続いておっぱい。
Dカップあるというおっぱいを後ろからマッサージをするように洗います。

振り返ってみるとエロくて性的に興奮したというより、二人でお風呂で子供のように遊んでいた感覚だった気がします。


一通り全身を洗った後はシャワーで流してお風呂を後にします。


ドライヤーをかけ、歯を磨き、部屋を暗くして二人でベッドへ。


好きだと言っていたキスから始まり耳、首筋、鎖骨、乳房、乳首、お腹、太もも…
と順番に舐めていきます。

まだ全身が性感開発されていないのかくすぐったそうにしていた箇所もあったのですが
気持ちよさそうに喘いでくれます(*´Д`)


一通り全身を舐め、焦らしに焦らした後はいよいよ初クンニです。
パンティを脱がし、そっと愛液で濡れた女性器に舌を這わせます。


「ああっ…!」



舌をそっと置いただけで凄く気持ちよさそうにされます。
続けて下から上にゆっくりと舐めていきます。


「あぁん…」
「本当に気持ちいい…」



そして最後にクリトリスです。
今回の女性はクリトリスがあまり刺激に強くないようで、時に少しだけ痛がっていたので
皮を剥いたりせず舌を柔らかくし優しく舐めるよう心掛けました。

舌をクリトリスに当てチロチロと優しく横に動かし続けます。


「あっ………んっ…」
「そこ気持ちいい…」
「もっと早く舌を動かして…」
「いっちゃいそう…」



黙々と同じ動きを続け、僕の舌が動かなくなるまで舐め続けたのでした!


「クンニがこんなに気持ちいいものだなんて知らなかった…」


と言ってもらえたのが嬉しかったのと同時に印象に残っています(*´Д`)


残りの時間は肌を寄せ合っていちゃいちゃしたり、アイスを食べたりして過ごしたのでした。




unnamed (4)









話は変わりますが、自分がしたことだったり女性のセリフや反応だったり
当時のことを思い出しながら忠実に出来事を再現できるよう文章にすることを心掛けているものの
結局は自分のブログですので都合のいいように書けてしまったりもします。


許可は得ているものの相手による検閲もないという性質上、
多少信憑性が欠けてしまうところはあると思います。


先日、僕の了承なしに(笑)女性向けサイトのコラムで僕との体験談を書いてくれた女性がいました。


完全に女性視点の体験談なので実際に会おうかどうか決める際の参考にはなると思います。

なので、もし読んでいない方がいたら読んでみてください。





「舐め犬」に依頼して股間を舐めまわされるプレイを4時間堪能してきたキュウ







なんだかとても根暗に書かれていたり、(絶対こんなに暗くはない!泣)
自分のセリフがとても気持ち悪かったり、(書かれるって分かっていたらもっとカッコイイこと言ったよ!泣)


初めて読んだときは恥ずかしすぎていたたまれなかったのですが、
パンティの匂いをクンカクンカしたりそのような変態なことはしなくて良かった…と安堵したのでした(←!!!)


ですが、本当にリピしてくれたので一応好印象だったんだなと自分を慰めるように解釈しております。


女性向けAVシルクラボのイケメン男優のように

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


2017年ですね。いやーめでたいですね。


ブログも新年一発目ということで勢いをつけたいので謎かけでもしましょうかね。はいそうしましょう。




「『一月の北海道の雪』とかけまして、『従順な舐め犬のクンニ』と解きます」




「その心は?」




「どちらもすごく『深い(不快)』でしょう」






ぶわーっはっは(≧▽≦)
上手い!!新年初笑い頂きました!!座布団1枚!!













…って誰のクンニが不快や!!!!!!









さて、変態な内容が8割を占めているある意味アングラなこのブログですが、
意外にも彼氏のように接してほしいというご依頼も少なくありません。


「彼氏と別れてしばらくたつから寂しい」
「彼氏を作るのはめんどくさいけど人肌は恋しくなるし性欲は溜まる」



少しでも女性の心の溝を埋めることは自分の役目の一つですm(_ _)m



しかし、どうすれば上手く女性の心の溝を埋められる?
一緒にいると癒されるとか落ち着くと言ってもらうことも多々あるのである程度は埋められてるとは思うのですが、簡単なようで難しい。



そこでヒントを求め、一般の女性から絶大な人気を誇るシルクラボ(SILK LABO)のAVを初めて見てみました。
女性が脚本や監督を務めているだけあって、女性が何を求めていて何をしてほしいかが作品に詰まっていて
勉強になると思ったからです。



月野帯人さん・有馬芳彦さん・渡部拓哉さん…etc
シルクラボにはエロメンと呼ばれるイケメンAV男優(セクシー俳優)が多数いるようですが、
その中でも頂点に君臨するのが一徹さん。



一徹




映像を見てみて女性に大人気な理由がすぐに分かりました。
イケメンで爽やかで清潔感があってトークが優しくて気遣いができて、なんと言っても全てにおいて甘いです!



僕と比べるなんておこがましいですが、ちんこの小ささと筋肉のなさとお金のなさなら勝ってる自信が
あってもあとは完敗です…。



(↑全敗)




男性は行為そのものを視覚で楽しむので普通の男性向けAVでは「すぐにエッチに移行する」そうなのですが
女性向けAVメーカーであるシルクラボは「エッチが始まるまでの雰囲気や過程」を大事にしているそうです。



僕にメールをくれるすべての女性に当てはまるわけではありませんが、

ただ単に舐められて気持ちいいというような肉体的快楽だけでなく、
ドキドキしたり愛されて心が満たされるような精神的快楽も大事で多くの女性が求めていることなんですね。



僕は到底一徹さんの真似なんてできませんが(←失笑されるだけなので…)
そんなニーズに応えられるような男になりたいものです( ̄ー ̄)笑

クンニ・性感マッサージのプロを目指して

華やかなクリスマスも終わり2016年もいよいよ残りわずかですね。


年を重ねるにつれて1年の経過が早く感じるのは自分にとって真理なようで本当にあっという間だったと感じます。


あなたにとって今年はどんな年でしたか?


今年一年の世相を漢字一字で表現する「今年の漢字」では
(日本がリオオリンピックで金メダルを連発したことや舛添元東京都知事の金にまつわる問題を起こしたことから)
”金”が選ばれたそうですが

僕がこの年を漢字一字で表すなら間違いなく”クンニ”でしょう。



(↑などと意味不明なことを申しており)




プロになりたい
女性に気持ちよくなってもらうことが好き
趣味として楽しみたい
本当の自分をさらけ出してみたい

そんな様々な思いからこのブログを今年の4月に開設しましたが多くの女性とお会いすることができました。


ブログを読み返してカウントしてみると16人もの女性に登場して頂いているんですね。


その方々以外にも、就いている職業上またはそれ以外が理由でブログに体験談を書くことが
NGな女性も少なからずお相手しているので、合わせるとそこそこな人数になると思います。


僕のようなどこの馬の骨とも分からない男に勇気を持って依頼して頂いて本当に感謝しかありません。
ありがとうございましたm(__)m



女性にお会いし実践を通じて毎回様々な事を学んだり新しい発見があったりして
ブログを始めた当初よりははるかに上達していると思いますし、
必ずイカせてあげられてる訳ではないにせよ
8割方の女性に後日お誘いを受けるのである程度は満足してもらえているんだなと感じています。



ただ、プロを目指す上で有料になっても女性に繰り返し呼んでもらえるレベルかと言ったら
まだまだ足りないものがたくさんあるとも思っています。


2017年は今年以上に意識を高め、テクニック含めあらゆることでさらなる向上に努めたいと思います(*´Д`)


お会いするご縁のある方はご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げますm(_ _)m笑







プロフィール

従順な舐め犬

Author:従順な舐め犬
女性に舌や手などで奉仕することが好きです('ω')ノ


Twitterの新しいアカウント→@peroperoinu1

クンニ・性感マッサージ依頼やお問い合わせはこちらから→peroperoinu@gmail.com


年齢:アラサー
住所:東京
趣味:読書・散歩・スポーツ観戦・語学
性格:明るいけど人見知り
職業:安月給の印刷関係の仕事

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング