FC2ブログ

アラフォーの働きウーマンさんを癒してきた

「暫く前からブログとtwitterを拝見していて、迷って迷ってようやく勇気を出してメDMを送ってみる事にしました。」



メッセージを頂いたのはおおよそ二ヶ月ほど前のこと。


messyというサイトの女性向けコラムで女性ライターさんが僕の体験レポを書いたことや
ブログに雰囲気の写真が載っていてどんな人か分かって安心できたというのがメールを送ったくれたきっかけなようで、


これまでしてきた性行為はコミュニケーションがなく、これを言ったら相手にどう思われてしまうんだろうと
自分がしてほしいことを素直に言えなかったようで、「こう舐めて」「こう触って」と自分が思ったことを
指示しながら気持ちよくなりたいという想いで依頼してくれたようでした。



今年に入ってからはあまり多くの女性と会うことは考えておらず、恐縮ながらもお会いできるか分からないと
お断りしてしまうことも多いのですが、
「会えるのなら何ヶ月後になってもいい」と言って頂いていて、
週に3~5通ペースでやり取りが続いていました。


彼女はとても優しいです。


書けども書けどもいかんせんつまらなすぎて誰も反応してくれない悲しいブログではございますが、
彼女だけは更新するたびに毎回メールで「面白かったよ…」と労いの言葉をかけてくれていました…。


風邪気味の時には本気で体調を心配してくれていました…。


ち〇こがポークビッツでも女性は気にしないよと慰めてくれていました…。

(↑こやつのち〇こは本当は皮付きポークビッツなのではないか?諸説があるが定かではない)



この女性の優しさや温かさに触れ僕の気持ちも徐々に彼女に傾いていき
ここで会わなきゃ男がスタる、いっちょ男を見せたろうやないか、
自分の舌で恩返ししたろうやないかと会わせて頂くことになりました。

”鶴の恩返し”ならぬ”舐め犬の恩返し”ですね。

鶴は老夫婦のために布をおりますが
犬はクンニのために腰をおります

ってやかましいわ!



知り合って1~2週間であればそこまで緊張せずに会えるものの、
2ヶ月ほどだとお互いのことを多く知ってしまっていて逆に緊張してしまうものですね(´Д`)


「はじめまして(^^)」


アラフォーとのことでしたが実年齢より若く見え、明るくハキハキしていて
元女子バレーボール選手の菅山かおるさんに似た素敵な女性です(*´Д`)


これまで凄く会いたいと何回も言ってくれていただけに
下手糞でがっかりされたらどうしようとプレッシャーに押し潰されそうでしたが

いや大丈夫だ自分には経験がある

"I can do it"

心の中で念仏のように呟きながらラブホテルの部屋に入ります。

(↑完全にヤバい人やな)




unnamed (7)




お湯をはった湯船に一緒に入り、
首から爪先まで身体を隅々までボディソープをつけた手を滑らせるように洗ってあげて、
最後にまた一緒に湯船で体を温めお風呂を後にします。

毎回思うのですが、一緒にお風呂に入ると緊張も解けお互いの心の距離も近くなる気がします。


ベッドで肌を寄せ合ってゆったりしながら少し休憩し、

アイマスクをしてもらい部屋を薄暗くして性感マッサージの前にもっとリラックスしてもらう意味を込めて
下着姿の全身を手のひらでさすって体から力を抜いてもらうようにします。
うつ伏せ状態で足の裏~肩甲骨周辺、
仰向け状態で脚のつま先~鎖骨周辺
まで手のひらでさすってあげるのですが、体が温かくなって気持ちいいと
皆さんに言って頂けている気がします。


いよいよ性感マッサージです。

うつ伏せになっている彼女に両手のすべての指を使い
まず足首~膝裏~太ももと優しくゆっくり這わせていきます。


「ああっ……」


太ももの裏側や内側が特に敏感なようでビクッと体を振動させつつ声を漏らします。

パンティで隠れた大事な部分には触れないようにしながら執拗に太もも周辺に指を這わせ焦らし続け、

次に背中~わき腹~二の腕
と指を動かします。

官能的になって全身が敏感になったのか、
どこに触れても喘ぎ声と共に全身が小刻みに震え続けています。

続けて仰向けになってもらい、また足先から指を這わせて感度が高い箇所を集中的に責めるのですが
首筋、頬、顎下、鎖骨、おっぱい周辺が特に感じてくれていたように見えました。


次に指で全身をソフトタッチで這わせたのと同じことを舌でも行います。
足指、脹脛、膝、太もも、へそ、首筋、耳、おっぱいetc…キスもしてほしいとのことだったので不意打ちで
軽くしたりするとアイマスクでこちらが見えない彼女は一瞬驚きながらも激しく舌を絡ませてきます。


そして最後にパンティを脱がせてクンニです。

最初は優しく下から上にゆっくり数秒かけて舐めることを繰り返します。


「はぁぁ………はぁぁ………」


舐めるたびに息遣いが聞こえ反応はそこまで大きくないものの
薄暗い中で表情を見ると確かに感じてくれている様子。


「上手…」

「次は指を入れながら舐めて…」
「もっと速く舌を動かして…」



事前に願望を聞いていたので言われたように舐め続けます。


「あ~本当に気持ちいい…」
「そろそろイきそう…」

「吸って!!」



クリトリスを吸うと同時に頭を抑える手の力が強くなり、
顔を挟みこむように太ももを閉じる力が加わり、
ビクンビクンと身体が揺れたのでした。


イクと時間を置かないと体がついていかないようでしたので
休みを挟みつつ舐め犬に徹して合計3回イってもらえたようでした。





彼女は金融系の企業に勤め大勢の部下を抱えていて、
仕事中はほとんど笑ったりせず厳格で周りから恐れられているそうなのですが、
そんな女性が淫らになって快楽に酔いしれた表情を見せていてとても不思議に感じました。

というのも僕はなかなかのポンコツな人間でして、同じ会社にいたら間違いなく
毎日のごとく雷を落とされていると思うのです。

それが出会う場が変わるだけでこんなにも僕に対する接し方が変わり、
こんなにも女性の違った一面が見れるだなんて
初めて変態に生まれた良かったと思ったと同時に(笑)、
仕事ができるけどエロい
というギャップは素敵だなとしみじみ思いました。




「貴重なお時間を頂けて、すごく素敵な体験をする事ができました。ありがとうございました!
本当にあの日、勇気を出してメールした自分を褒めたいです(*^_^*)
なかなか目線を合わせてくれないので、あんまりお好みの感じではなかったかな。。と申し訳ない気持ちになっていたのですが、優しいタッチで心から癒され、最初の不安や心配はすっかりなくなり、素直に感じる事ができました。
あんなに素直に「して欲しい事」が言えたのは初めてでしたし、そんな雰囲気を作ってくれたのは流石ですね。して欲しい事はだいたいしてもらえたのも凄く嬉しかったです。どこまで応えてくれるのが益々期待値が上昇してるので、是非ともまたお願いしたいです。そして次回は髪の毛洗わせて(笑)」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

従順な舐め犬

Author:従順な舐め犬
女性に舌や手などで奉仕することが好きです('ω')ノ


Twitterの新しいアカウント→@peroperoinu1

クンニ・性感マッサージ依頼やお問い合わせはこちらから→peroperoinu@gmail.com


年齢:アラサー
住所:東京
趣味:読書・散歩・スポーツ観戦・語学
性格:明るいけど人見知り
職業:安月給の印刷関係の仕事

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング