FC2ブログ

初めての舐め犬 美人OLさんにクンニしてきた

「初めて舐め犬という男性がいらっしゃるのを知りました。
ブログとお写真を見て興味があってメールさせて頂きました。」




前回のブログ記事で、女性のライターさんが女性向けサイトのコラムで僕との体験談を書いてくれたと
お話しましたが、



今回の女性はその女性向けサイトをたまに見ているという読者さんで、
コラムを読んで”舐め犬”という存在を知って興味が湧き、僕のブログを見つけメールしてくれたそうです。



知らない人に会うのは怖いけどこの人だったら大丈夫かな
思ってくれたとのことでした。



余談ですが、会った後は決まって「いい人で良かった~」と言ってもらえていますが、
いい人かどうかはさておき、安全で便利で都合がいい存在なんだろうな~と我ながら思ったりします。


嫌と言われることはしないし、
会ってる時は大体なんでも言うこと聞くし、
割り切ってるので綺麗な女性でも惚れたりしないし、
メールも相手から送ってこない限り自分からは送らないし、

頑張ればお〇っこだって少しは飲んであげられるし

(↑…。)


わずらわしい関係にはなりたくないけど割り切って欲求不満を解消したい
っていう女性にはぴったりかもしれないですね。



話を戻しますが、
今回依頼してくれた女性は20代後半のOLさん。

相手に気を使うことなくクンニしてもらいたいとのことでした。


なかなかお互いの都合が合わず、会うことになったのはメールをもらってだいたい2週間後くらい
だったでしょうか。


冬にしては暖かい陽気に包まれた2月の某日。

待ち合わせ場所に現れたのは
目はパッチリ二重で鼻は高く髪型含めモデルの中村アンさんにそっくりな美人さんでした。


「はじめまして!」
「想像していたより見た目若いですね~!」



身長は高めでとても明るくはつらつとした女性で、会って早々
年下なのに率先して話を盛り上げてくれます。


(いやいつもは率先して僕が会話をリードしてます、たぶん…!!)



僕がしていることは”女性の性欲解消”という必要なことではあるものの
おおっぴらには言えないようなことなので、
えっこんな人が僕に依頼してくれたんだと会って驚くことも稀にあります。
今回の女性は外見的にも内面的にもまさにそれに当てはまる女性かもしれないですね。



女性の方も僕で大丈夫そうだったのでお話をしながらラブホテルに向かいます。


「初対面の人といきなりこんなとこに来るなんて人生初の経験なのでなんか恥ずかしいですね…!」


笑いながらラブホテルのエレベーターの中でそんなことを呟かれます。



(部屋に着いたらパンツを脱いでもらって秘部を舐めるというもーっと恥ずかしいことが待ってるんですよ…ニヤニヤ)


そんな最低なことを思ったかどうかはさておき、部屋に到着。


(↑無実です思ってません(>_<))




unnamed (5)




買ってきてくれたというお茶を頂き、別々にシャワーを浴び、ソファーでお互いの趣味の話など雑談を交わします。


10分ほどお話をして、時間もあまりなかったので電気を暗くしてベッドに移動し、横になり抱き合った状態になります。


しばらくハグをしながらお互いの体の感触や体温を感じて相手に慣れた後は、
バスローブをはだけさせおっぱいを手で優しく揉みつつ乳首を口に含みます。


「あっ」


自然に声が漏れます。


「もっと強くして…」


最初は優しく乳首を舌でレロレロしてたのですが、
強めに舌で乳首を転がしたり吸ったり甘噛みをしたりします。



「はぁ……はぁ……」


静かながらも息遣いが聞こえてきます。


片手と唇で乳首を責めつつ、もう片方の手の中指でパンティの上から優しく股間を撫でます。

シャワーを直前に浴びていたにも関わらず少しパンティが湿っているのを感じながら指で優しくなぞり続けます。
そしてお腹やおへそを通って唇を下に移動させていきます。


微かに蒸れているような性的興奮を誘う香りを鼻孔に感じながらショッキングピンク色のセクシーな
パンティと太ももの境界の部分をねちっこく舐めて焦らしていきます。


「んっ…」


くすぐったさもあるようで時折身体をピクピク動かしたりします。

焦らすように舐めた後はいよいよパンティを脱がします。

無造作に生えている陰毛がとても卑猥で、興奮しながらペロッと女性器に舌を這わせます。


「あっ・・・気持ちいい・・・・・」


ソフトクリームを舐めるときのように下から上にペロペロしたり、
クリトリスを優しくビンタするように横にレロレロ舐めたりします。


「次はクリトリス吸って…」



言われたようにちゅーちゅーと音を出して吸ったり、時折くちびると歯で優しく挟んだりします。


「んっ・・・あっ・・・」


「顔に座っていい?」



やったことがないからやってみたいとメールで話していた顔面騎乗位です。

口に女性器を押し付けると同時に、自身が気持ちよくなるように腰を前後に動かします。
僕は舌を出すだけの玩具と化しています。


「あぁぁん!」


最後は舐めやすいように女性自身でクリトリス部分を指で広げ、クリトリスをレロレロと舐めさせて
同時に僕は下から両手で乳首を弄ります。


「あぁん、いい…!」
「いっちゃう…いきそう…もうだめっ!!!」



クンニでイったことがないと話していましたが、無事絶頂を迎えることができたようでした。



ところで、イクと「もう舐めないで!」という女性と「もっと続けて!」とういう女性がいますよね。
いったいどういうことなのか興味深いですな(*´Д`)




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

従順な舐め犬

Author:従順な舐め犬
年齢:アラサー
住所:東京
趣味:読書・散歩・スポーツ観戦・語学
性格:明るいけど人見知り
職業:安月給の印刷関係の仕事




"もういいっていうまでクンニしてほしい"
"安心して欲求不満を解消したい"
"男性経験がないから悩んでいる"
"人肌が恋しい"
"悩みを聞いてほしい"
"ストレス発散したい"


…etc



少しでも貴女の力になれたら嬉しいです!



Twitterの新しいアカウント→@peroperoinu1

クンニ・性感マッサージ依頼やお問い合わせはこちらから→peroperoinu@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング