FC2ブログ

漫画家志望の女性にクンニ奉仕

「初めまして、舐め犬さん、ブログやTwitterを見て以前から興味を持ち、自分も体験してみたいと思い、
今回思いきってメールさせていただきました。
以下、簡単な自己紹介です。

(中略)

他にも何か気になる点がありましたら、お返事お願いします。
ご縁がありますように(>_<)」



24歳女性からの、丁寧な依頼のメールから始まりました!


丁寧なメールからはなかなか想像できないかもしれませんが、


「スカートの中に顔を突っ込んでパンツ越しに匂いを嗅いでほしい。」

「男の人におしっ〇を飲んでもらいたい。」



などなど、なかなか変態ちっくな願望を持っている女性でした。


四日間ほどやりとりをしてお互いを知ってから会うことになり、


お会いしてみると、聞いていた通り色白美肌の童顔でとてもスレンダーな女性でした。


ラブホの部屋に入り、さっそくですがソファーに座った彼女の前で正座をして、
スカートの中に顔を突っ込み匂いを嗅ぐ準備をします。





最初に断っておきますが、このような変態なことを望んだのは彼女です。

依頼ですので、やらなければいけません。

私には舐め犬としての使命感・責任感があります。

断じて、私が自らの願望でやったわけではありません。

(↑やりたかったくせに)




…では、失礼します。




DCIM0899 (2)





もし僕がドSな変態野郎でしたら、



洗う前のアソコの匂いを嗅がれた気分はどう?(ニヤニヤ)

恥ずかしい?(ニヤニヤ)



などと、相手の目を見つめて羞恥プレイをしていたと思うのですが、

僕はどちらかと言えばМでなおかつ少しシャイな変態野郎です。



彼女は匂いを嗅がれて、恥ずかしそうに照れ笑いをしながら僕を見ていたのですが、
僕も変態的なことをしているという自覚があり恥ずかしくて照れ笑いをしてしまいます。


(↑思春期の学生の初キスかよ)



ちなみに匂いは無臭でパンツの生地の匂いしかしませんでした(^▽^;)




飲尿の件は、緊張してうまくお〇っこが出せなかったようなので話を割愛させていただくとして、




後は、体位を変えつつ、長時間のクンニ奉仕をしました。


している最中は彼女は僕の存在をあまり意識せず、
ラブホで放送されているAVに夢中になっていました。


「この体勢疲れた」と言って体を動かし、

ああ僕も休憩できるかなと思い、少し休もうとすると、

「次はこの体勢で舐めて」と間髪入れずに求められます。


そんなに使っていただけると舐め犬冥利につきますね( ̄▽ ̄)



経験人数は2人しかいないから、こういうことには慣れていないと
メールでは言っていましたが、


(僕には気を許してくれたのか?それとも、気を遣う相手ではないと思ってくれたのか?)
最後はこんな大胆な体勢もお手のものです。



顔面騎乗





彼女は漫画家志望で、エロ系の漫画を描いて何回か賞も獲っているみたいなのですが、
今回、このような実体験を経たことによって表現の幅が広がり、
プロの漫画家に一歩近づいたこと間違いなしですね( ^^) _旦~~


今後、舐め犬やクンニの漫画が新しく世に出たら彼女の作品かもしれません。


Check it out.

公認会計士の女性の舐め犬になってきました!part2

2回目に会った時のクンニの体験談はブログには書いていませんでしたが、
公認会計士の女性に会うのは今回で3回目にになります。


ちなみに1回目の体験談は→公認会計士の女性の舐め犬になってきました!



基本的に相手が誘ってくれたら会うというスタンスでいるのですが、
家がそれほど遠くなくて、仕事帰りに手軽に呼べて、
そして安心して性欲解消ができるということが
気に入ってくれているのかもしれませんね。



余談ですが、これまでいろいろな方と会ってきまして、
だいたい大きく分けて2つのタイプの女性がいることに気づきました。



まず1つ目のタイプが、
余計なことはしなくていいから、ただひたすら舐めるだけの存在になってほしい!
という女性です。


イチャイチャしたりベタベタなんてしなくていい。
会話も最小限でいい。
ただ体を舐めてて。

といった感じです。



要は僕のことを
「異性」
として見るのではなく

「(女性用性欲処理の)道具・玩具・マッサージ器」
「犬」
「ペット」
「奴隷・下僕」

のような存在として見るわけですね。


それを望む理由は

・彼氏がいて、舐められる以外のことをするのは罪悪感があるから
・ただ性欲解消したいだけだから
・S女だから


など、様々でした。


中には、
「おっぱいとか他の体の部位には触ったり舐めたりしないでただクンニだけしてて」
という女性もいたりします。


お会いして、女性器はたくさん舐めたけど
ほかの体の部位には一切触れてもいないというのは、
普通の人からしたら奇妙に見えるかもしれませんが、
舐め犬ですので、飼われてるというのを実感して興奮したりもします☆





そして2つ目のタイプが、
恋人のように接しながら舐めてほしい!
という女性です。


僕はそういう女性が相手の時は本当の恋人のように接しますので、
いちゃいちゃしたり、抱きしめたり、頭をなでたり、
相手が望むならキスもしたりします。




その甘さときたら、シルクラボ(女性向けアダルトビデオメーカー)の超大人気スター・
一徹さんのようだと評判です。


(↑嘘ついたことに対して、本人とファンに土下座して1000回謝ろうか)





今回の女性は後者寄りで、恋人のように接することを楽しんでくれているようでした。


時間が短かったのであまり多くのことはできませんでしたが、
イチャイチャしながらお話をして、足の指への舐め奉仕から始まり、ふくらはぎ、ふともも、鼠蹊部(パンティーライン)
そして服を徐々に脱がしていき、背中、わき腹、二の腕、首筋、耳、乳房や乳輪、乳首などを
舌や指で愛撫しつつ
そして最後はクリトリスを集中的に舐めました。


クンニ






クンニ





夏ですね。

前回ブログを書いてから二週間ほど間があいてしまったので、更新しようと思います。


楽しみにしてるんだから早くブログ書いてよ!
と、急かされていたのも理由の一つです。


(↑嘘バレバレだよ!)



…更新すると言っても特にネタがあるわけではありません。



舐め犬活動の方は、リピーターの女性に全身舐め奉仕したくらいで
特に目新しいことはしなかったし…。



あ、タイムリーなネタですが、昨日参議院選挙がありましたけど
みなさん行きました?



投票率54.7%で戦後4番目の低さだったみたいですよ。


政治に対して無関心なのか、だれが選ばれても同じという無力感があるのか、
いずれにせよこの現状は嘆かわしいですよね。



Twitterでも誰かが呟いてましたが昔は「お金持ちの男性」、つまりほんの一握りの人しか
投票できなかったみたいですよ。
1889年まで遡ると、全人口のたった1%らしいです。


選挙の一票の重みをもう一度考え直しましょ(´Д`)




僕も次の選挙には必ず行きます。



(↑今回の選挙は?)




あと思うのが、近年の日本の夏って異常に暑くないですか?


10数年前までは暑くても30度くらいだったはずなのに、
近年では当たり前のように30度を超えて35度くらいにまで
なったりしますからね…。


詳しくないので理由は分かりませんが、地球温暖化か何かなんでしょうかねぇ(´Д`)



いずれにせよ、熱中症には気を付けてくださいね。


僕も、女性のおしっこでも
僕も、ソルティライチでも飲んで塩分摂って
この夏を乗り切ろうと考えています。









プロフィール

従順な舐め犬

Author:従順な舐め犬
年齢:アラサー
住所:東京
趣味:読書・散歩・スポーツ観戦・語学
性格:明るいけど人見知り
職業:安月給の印刷関係の仕事




"もういいっていうまでクンニしてほしい"
"安心して欲求不満を解消したい"
"人肌が恋しい"
"悩みを聞いてほしい"
"ストレス発散したい"


…etc



少しでも貴女の力になれたら嬉しいです。



Twitterの新しいアカウント→@peroperoinu1

クンニ・性感マッサージ依頼やお問い合わせはこちらから→peroperoinu@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング