FC2ブログ

女性の性欲

男性は性欲が強くても特に何も言われないのに、
それが女性だと少し性欲が強いだけで”淫乱”だとか”尻軽”だと言う人をたまに見かけます。
それって凄く悲しいことですよね。


そして前回も言ったことなのですが、
女性も女性で性欲が強いことに罪悪感を持つ必要もなければ恥かしがることもありません。

”性欲が強いのはいけないこと”

という意識が根底にあることが女性の性の悩みが尽きない理由の一つなのかもしれません。



「はじめまして。
メールをしてもいいものなのか迷いましたが話を聞いてもらえると嬉しいです。
めんどくさかったらスルーしてください。


私には2年間付き合っている男性がいました。
大恋愛の末にできた彼氏でした。
彼のことは大好きだったのですが…性欲が全くないようでほとんどセックスをしてくれませんでした。

そんなこともあってつい最近破局してしまいました。
苦渋の選択でしたが、私から別れを告げました。
彼氏はずっと泣いていました。


性欲が強い私がいけなかったのかな…?
我慢していればお互いが幸せだったのかな…?

自問自答の日々でした。

まだその答えは出ていません。


ブログに登場していらっしゃる女性たちは皆さんとても気持ちよさそうにされていて心底羨ましかったです。

読んでいて自然と涙がこぼれてしまいました。

ああ、これが私の感じたことがない”女の悦び”なのかな…と。

舐め犬さんに依頼したかったのですが、私は九州に住んでいて東京まで気軽に行ける距離ではないので
断念しようと思います。

あ、ごめんなさい、なんだか愚痴みたいになってしまいましたね(笑)

でも話を聞いてもらってすっきりしました!

早く気分を切り替えて新しい彼氏探し頑張ります(^_^)」
    (21歳・女子大生)




辛いことがあったんですね…。
心情お察しします。

その彼と別れるという貴女の選択が正しかったのかどうかは僕には分かりません。
ただ、このまま付き合っていてもお互いが不幸になるだけだっただろうなと思います。

そして、悲しんでいる女性の姿を見るのは好きではないのでお願いだから泣かないでください。


その涙は将来、貴女が素敵な彼氏さんに出会った時のために取っておいてください。
そして出会えた暁には僕に幸せいっぱいの報告をしにきてください。

ああ、あの時は凄くちっぽけなことで悩んでいたなぁ…
と、いつか一緒に心から笑い合える日が来ることを信じています。

応援しています!(^^)







「私は某県立高校で教師として働いています。
ここだけの話、人より性欲が強いと思います。

でも仕事が忙しく異性との出会いもなければ、性徒をそういう目で見るわけにもいきません。

なので恥ずかしながら夜寝る前に自分を慰めるために中指をパンツの中に滑らせ弄ることが日課となっています…。

本当は男性としたいです。
濡れ濡れになったアソコを男性に舐めてもらいたいんです…。

でも、教育者としてそういうことはしてはいけないという理性が働いてしまいます。


そんなときに従順な舐め犬さんのブログを発見したんです。
目から鱗でした。
女性だって性欲があって当たり前なんだ、快楽を求めていいんだ、と少し心が楽になりました。

いいパートナーに巡り合えるよう頑張ろうと思えるきっかけになったんです。

これからもブログ応援しています。」
    (29歳・教職員)




自分のブログが少しでも貴女の役に立ったと言うのであればそれほど光栄なことはありません。

教員という職業をされているゆえに禁欲的かつ自制的でなければならないと言われているのが
辛いところですよね。
加えて労働条件は厳しいと聞いていますし、自身にかかる重圧やストレスは相当なものだと思います。

ですが、教育者(聖職者)である前に一人の女性であるはずです。
職業倫理も大事なことだと思いますが、自身の性欲に正直になってあげてください。

どうしても辛くなったらまた連絡をください。
その時は僕が必ず貴女を助けます。

心と体の健康に気を付けてお仕事頑張ってくださいね。








「ブログ拝見しました。
他の舐め犬さん、性感マッサージ師さんや出張ホストさんと比べても誠実で真面目で素敵だなと思いました。

単刀直入に言います。
どうしたら私のことを抱いてくれますか?」
    (22歳・モデル)




ありがとうございます。
自分では全然そんなこと思っていないのですが素敵だとよく言われます(照)
抱かれて僕色に染まりますか?






まあ例のごとく全部僕が適当に考えた嘘のメールなんですけど、みなさんいかがお過ごしでしょうか?


(↑脳外科へ行って検査入院しようか?)



僕は相変わらずといった感じで
もし自分の体をスモールライトで小さくして女性のパンティの中に忍び込んだら
誰にもバレずに生活できるだろうか?できないだろうか?

そんなことを考えては結論が出ずの日々で頭が軽く混乱しています。


(↑脳外科へ行って検査入院しようか?2回目)







性感染症(性病)について

話は変わって、少し真面目に性感染症(性病)について自分が思うことを話したいと思います。


このようなブログを開設している以上、真剣に向き合わないといけないことだと思っています。


性感染症は舐め犬をしている自分が間違いなく一番心配していることです。


当然のことながら絶対に感染したくないと思っています。


僕はSEXはしないので男性器の性感染症の心配は全くないのですが、
主な心配事は咽頭【のど】の性感染症です。


女性器を舐めても感染しにくいものなのか、
今まで会ってきたすべての女性がたまたま健康体だっただけなのか、
自分の喉の免疫力が強いのか、
色んなことが幸運だっただけなのか、
理由は定かではありませんが


今に至るまで性感染症の検査をして陽性(異常あり)だったことは一度もありません。



これまで僕が女性にお会いした人数は数人ではありません。
数多くの女性にお会いしてきました。
その僕が検査をしての結果です。

それだけに、ちょっとやそっとじゃ感染しないものなんだろうなと思っています。

僕よりはるかに長く活動をされている先輩舐め犬の方々が性感染症の検査結果の写真とともに
今まで性感染症に感染したことがないと報告されていたのを見たことがありますが、
そのことからも多少の裏付けはされていると思います。




ただ、

舐め犬をしていく上でこれから先も性感染症にならない保証はどこにもありません。


当たり前の話ですが、多くの女性に会えば会うほど感染するリスクは高くなってしまいます。


これまで通り定期的な性感染症の検査は当然必要ですが、
会う女性の数を少なくしリスクを減らすことも大事なことなのかなと思います。


必要以上に心配することはないと思っていますが、
シビアな問題ですので用心してもしすぎることはありません。



せっかく自分のことを気にいってくれてお会いしてくれたのに
性感染症をうつしてしまった
なんてことになったらあまりにも申し訳が立たないので
可能な限りそれは避けることができるよう自分なりに努めたいと思います。



女性向けAVシルクラボのイケメン男優のように

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


2017年ですね。いやーめでたいですね。


ブログも新年一発目ということで勢いをつけたいので謎かけでもしましょうかね。はいそうしましょう。




「『一月の北海道の雪』とかけまして、『従順な舐め犬のクンニ』と解きます」




「その心は?」




「どちらもすごく『深い(不快)』でしょう」






ぶわーっはっは(≧▽≦)
上手い!!新年初笑い頂きました!!座布団1枚!!













…って誰のクンニが不快や!!!!!!









さて、変態な内容が8割を占めているある意味アングラなこのブログですが、
意外にも彼氏のように接してほしいというご依頼も少なくありません。


「彼氏と別れてしばらくたつから寂しい」
「彼氏を作るのはめんどくさいけど人肌は恋しくなるし性欲は溜まる」



少しでも女性の心の溝を埋めることは自分の役目の一つですm(_ _)m



しかし、どうすれば上手く女性の心の溝を埋められる?
一緒にいると癒されるとか落ち着くと言ってもらうことも多々あるのである程度は埋められてるとは思うのですが、簡単なようで難しい。



そこでヒントを求め、一般の女性から絶大な人気を誇るシルクラボ(SILK LABO)のAVを初めて見てみました。
女性が脚本や監督を務めているだけあって、女性が何を求めていて何をしてほしいかが作品に詰まっていて
勉強になると思ったからです。



月野帯人さん・有馬芳彦さん・渡部拓哉さん…etc
シルクラボにはエロメンと呼ばれるイケメンAV男優(セクシー俳優)が多数いるようですが、
その中でも頂点に君臨するのが一徹さん。



一徹




映像を見てみて女性に大人気な理由がすぐに分かりました。
イケメンで爽やかで清潔感があってトークが優しくて気遣いができて、なんと言っても全てにおいて甘いです!



僕と比べるなんておこがましいですが、ちんこの小ささと筋肉のなさとお金のなさなら勝ってる自信が
あってもあとは完敗です…。



(↑全敗)




男性は行為そのものを視覚で楽しむので普通の男性向けAVでは「すぐにエッチに移行する」そうなのですが
女性向けAVメーカーであるシルクラボは「エッチが始まるまでの雰囲気や過程」を大事にしているそうです。



僕にメールをくれるすべての女性に当てはまるわけではありませんが、

ただ単に舐められて気持ちいいというような肉体的快楽だけでなく、
ドキドキしたり愛されて心が満たされるような精神的快楽も大事で多くの女性が求めていることなんですね。



僕は到底一徹さんの真似なんてできませんが(←失笑されるだけなので…)
そんなニーズに応えられるような男になりたいものです( ̄ー ̄)笑

クンニ・性感マッサージのプロを目指して

華やかなクリスマスも終わり2016年もいよいよ残りわずかですね。


年を重ねるにつれて1年の経過が早く感じるのは自分にとって真理なようで本当にあっという間だったと感じます。


あなたにとって今年はどんな年でしたか?


今年一年の世相を漢字一字で表現する「今年の漢字」では
(日本がリオオリンピックで金メダルを連発したことや舛添元東京都知事の金にまつわる問題を起こしたことから)
”金”が選ばれたそうですが

僕がこの年を漢字一字で表すなら間違いなく”クンニ”でしょう。



(↑などと意味不明なことを申しており)




プロになりたい
女性に気持ちよくなってもらうことが好き
趣味として楽しみたい
本当の自分をさらけ出してみたい

そんな様々な思いからこのブログを今年の4月に開設しましたが多くの女性とお会いすることができました。


ブログを読み返してカウントしてみると16人もの女性に登場して頂いているんですね。


その方々以外にも、就いている職業上またはそれ以外が理由でブログに体験談を書くことが
NGな女性も少なからずお相手しているので、合わせるとそこそこな人数になると思います。


僕のようなどこの馬の骨とも分からない男に勇気を持って依頼して頂いて本当に感謝しかありません。
ありがとうございましたm(__)m



女性にお会いし実践を通じて毎回様々な事を学んだり新しい発見があったりして
ブログを始めた当初よりははるかに上達していると思いますし、
必ずイカせてあげられてる訳ではないにせよ
8割方の女性に後日お誘いを受けるのである程度は満足してもらえているんだなと感じています。



ただ、プロを目指す上で有料になっても女性に繰り返し呼んでもらえるレベルかと言ったら
まだまだ足りないものがたくさんあるとも思っています。


2017年は今年以上に意識を高め、テクニック含めあらゆることでさらなる向上に努めたいと思います(*´Д`)


お会いするご縁のある方はご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げますm(_ _)m笑







舐め犬であることを周りにカミングアウト?

本当の自分を隠して生きていくほど辛いものってないですよね。


僕がTwitterやこのブログを始めたのは、少しでも多くの人に本当の自分を知ってもらいたかったというのも
理由の一つです。




自分を偽って生きていくくらいなら、
いっそのこと開き直って、本当の自分を周りにカミングアウトするのも悪くないんじゃないか、
そんな風に思うこともあります。



自分  「今まで隠してたんだけど…、俺…舐め犬なんだ…。」


友人A 「舐め犬?なんだそれ?」


友人B 「なんか聞いたことあるぜ。確か、全身を舐めたりクンニすることが好きな人の
      ことを言うんじゃなかった?」


自分  「そうそう、女性の身体を舌でご奉仕して気持ちよくなってもらうことが大好きなんだ。
      舐める箇所でこちらからのNGはない。
      そして基本的に女性が満足するまで舐めることを求められるから、一日中舐め続ける
      ことだってある。
      だから舌だって疲れて動かなくなるし、筋肉痛のように痛くなったりもするよ。
      
      でも舐め犬にとってはそれは苦痛ではなく幸せなんだ。
      女性が気持ちよくなってくれてる顔を見れば疲れや痛みなんてすぐどこかに吹っ飛ぶ。
      
      あと、相手によっては顔や体にお〇っこをかけてもらうことだってあるよ。
      これはお互いが興奮するためだけの行為ではなく、相手のお〇っこを受けることによって
      色・匂い・風味などを把握して女性の健康状態も知ることができるんだ。
      風邪などの時には尿の色は濃くなるし、尿が甘めの時には糖尿病が疑われる。
      そういう時にはいち早く彼女に病院に行くよう伝えてあげるんだ。
      さしずめ私は舐め犬兼、尿の人間検査キットといったところだね(^_^)ハハハ」



友人A 「お、おう…。  (こいつ絶対頭ヤバい…)」


友人B 「勇気を出して教えてくれて友達として嬉しいよ…。 (とりあえずLINEブロックに着拒だな)」





結論
カミングアウトはダメだ。
プロフィール

従順な舐め犬

Author:従順な舐め犬
女性に舌や手などで奉仕することが好きです('ω')ノ


Twitterの新しいアカウント→@peroperoinu1

クンニ・性感マッサージ依頼やお問い合わせはこちらから→peroperoinu@gmail.com


年齢:アラサー
住所:東京
趣味:読書・散歩・スポーツ観戦・語学
性格:明るいけど人見知り
職業:安月給の印刷関係の仕事

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング