FC2ブログ

はじめに

当ブログに来ていただいてありがとうございます!
 

「従順な舐め犬」と申します。


かなり前から「舐め犬」として、都内近郊で出張してクンニ(クンニリングス)活動をしていて、長い間Twitterでも
呟いていました。


Twitterだと文字制限が影響して長い文章が書けないということがあり、
そして、もっと多くの人に見てもらえたらいいなという思いで、
このブログを始めました。


ちなみに「舐め犬」とは文字通り、女性の体(主に女性器)をペロペロ舐める犬のことです。


魅力的な女性 →「従順な舐め犬」の好みのタイプ に気持ちよくなってもらうこと、そして舌や手などで奉仕することが大好きで
この活動をしています。





「舐め犬」ですが、併せて性感マッサージもしています。



そして、癒しの幅を広げたいという思いで2016/08/01からアロマセラピー(アロマテラピー)の勉強も始めました。




このブログでは、自分のことやクンニ・女性向け性感マッサージの体験談などを綴っていければ
いいなと思っています。('ω')ノ



これまで数多くの女性と出会い、奉仕し、経験を積んできました。





お会いすれば8割方の女性から後日お誘いを受けるのである程度は
自分の役割(女性の欲求を満たす・願望を実現するetc)を果たせているのかな
と思っています。




ただ、まだまだいろいろな意味で未熟だと自覚していますので、これからテクニックなどをさらに磨き、ゆくゆくはプロになり
それで生活できるくらいになれたらいいなと思っています。

 
「プロのクンニ屋」

「性感マッサージ師」

「出張ホスト(デリホス)」

「メンズ(男性)セラピスト」

的な?


まあまだ未定ですけどね(;^ω^)



あ、もちろん今はクンニも性感マッサージも無料でやらせていただいています!





クンニで奉仕をする時には、愛情をこめてあなたの性器を舌と唇で愛撫させていただきます(*´Д`)




クンニ






性感マッサージをするときには、フェザータッチであなたの性感帯をゆっくり優しく触ります(*´Д`)





性感マッサージ






読書やDVDを鑑賞している時にクンニをさせるでもいいですし、横になってリラックスしながらマッサージをさせるでもいいですし、恋人のようにイチャイチャするでもいいですし、好きなように僕を使ってください。



自分自身でも楽しみつつ、「女性のため」をモットーに頑張っていけたらいいなと思っています。



僕が女性の身体や女性器を舐めている写真が多数載せてある、ある意味ではとても下品なブログではございますが、
少しでも自分も体験してみたいなと思ってもらえたら嬉しいです☆





自己紹介
サービス内容
ご依頼はこちらから
よくある質問









Twitterのアカウント→@peroperoinu1

アラフォーの働きウーマンさんを癒してきた

「暫く前からブログとtwitterを拝見していて、迷って迷ってようやく勇気を出してメDMを送ってみる事にしました。」



メッセージを頂いたのはおおよそ二ヶ月ほど前のこと。


messyというサイトの女性向けコラムで女性ライターさんが僕の体験レポを書いたことや
ブログに雰囲気の写真が載っていてどんな人か分かって安心できたというのがメールを送ったくれたきっかけなようで、


これまでしてきた性行為はコミュニケーションがなく、これを言ったら相手にどう思われてしまうんだろうと
自分がしてほしいことを素直に言えなかったようで、「こう舐めて」「こう触って」と自分が思ったことを
指示しながら気持ちよくなりたいという想いで依頼してくれたようでした。



今年に入ってからはあまり多くの女性と会うことは考えておらず、恐縮ながらもお会いできるか分からないと
お断りしてしまうことも多いのですが、
「会えるのなら何ヶ月後になってもいい」と言って頂いていて、
週に3~5通ペースでやり取りが続いていました。


彼女はとても優しいです。


書けども書けどもいかんせんつまらなすぎて誰も反応してくれない悲しいブログではございますが、
彼女だけは更新するたびに毎回メールで「面白かったよ…」と労いの言葉をかけてくれていました…。


風邪気味の時には本気で体調を心配してくれていました…。


ち〇こがポークビッツでも女性は気にしないよと慰めてくれていました…。

(↑こやつのち〇こは本当は皮付きポークビッツなのではないか?諸説があるが定かではない)



この女性の優しさや温かさに触れ僕の気持ちも徐々に彼女に傾いていき
ここで会わなきゃ男がスタる、いっちょ男を見せたろうやないか、
自分の舌で恩返ししたろうやないかと会わせて頂くことになりました。

”鶴の恩返し”ならぬ”舐め犬の恩返し”ですね。

鶴は老夫婦のために布をおりますが
犬はクンニのために腰をおります

ってやかましいわ!



知り合って1~2週間であればそこまで緊張せずに会えるものの、
2ヶ月ほどだとお互いのことを多く知ってしまっていて逆に緊張してしまうものですね(´Д`)


「はじめまして(^^)」


アラフォーとのことでしたが実年齢より若く見え、明るくハキハキしていて
元女子バレーボール選手の菅山かおるさんに似た素敵な女性です(*´Д`)


これまで凄く会いたいと何回も言ってくれていただけに
下手糞でがっかりされたらどうしようとプレッシャーに押し潰されそうでしたが

いや大丈夫だ自分には経験がある

"I can do it"

心の中で念仏のように呟きながらラブホテルの部屋に入ります。

(↑完全にヤバい人やな)




unnamed (7)




お湯をはった湯船に一緒に入り、
首から爪先まで身体を隅々までボディソープをつけた手を滑らせるように洗ってあげて、
最後にまた一緒に湯船で体を温めお風呂を後にします。

毎回思うのですが、一緒にお風呂に入ると緊張も解けお互いの心の距離も近くなる気がします。


ベッドで肌を寄せ合ってゆったりしながら少し休憩し、

アイマスクをしてもらい部屋を薄暗くして性感マッサージの前にもっとリラックスしてもらう意味を込めて
下着姿の全身を手のひらでさすって体から力を抜いてもらうようにします。
うつ伏せ状態で足の裏~肩甲骨周辺、
仰向け状態で脚のつま先~鎖骨周辺
まで手のひらでさすってあげるのですが、体が温かくなって気持ちいいと
皆さんに言って頂けている気がします。


いよいよ性感マッサージです。

うつ伏せになっている彼女に両手のすべての指を使い
まず足首~膝裏~太ももと優しくゆっくり這わせていきます。


「ああっ……」


太ももの裏側や内側が特に敏感なようでビクッと体を振動させつつ声を漏らします。

パンティで隠れた大事な部分には触れないようにしながら執拗に太もも周辺に指を這わせ焦らし続け、

次に背中~わき腹~二の腕
と指を動かします。

官能的になって全身が敏感になったのか、
どこに触れても喘ぎ声と共に全身が小刻みに震え続けています。

続けて仰向けになってもらい、また足先から指を這わせて感度が高い箇所を集中的に責めるのですが
首筋、頬、顎下、鎖骨、おっぱい周辺が特に感じてくれていたように見えました。


次に指で全身をソフトタッチで這わせたのと同じことを舌でも行います。
足指、脹脛、膝、太もも、へそ、首筋、耳、おっぱいetc…キスもしてほしいとのことだったので不意打ちで
軽くしたりするとアイマスクでこちらが見えない彼女は一瞬驚きながらも激しく舌を絡ませてきます。


そして最後にパンティを脱がせてクンニです。

最初は優しく下から上にゆっくり数秒かけて舐めることを繰り返します。


「はぁぁ………はぁぁ………」


舐めるたびに息遣いが聞こえ反応はそこまで大きくないものの
薄暗い中で表情を見ると確かに感じてくれている様子。


「上手…」

「次は指を入れながら舐めて…」
「もっと速く舌を動かして…」



事前に願望を聞いていたので言われたように舐め続けます。


「あ~本当に気持ちいい…」
「そろそろイきそう…」

「吸って!!」



クリトリスを吸うと同時に頭を抑える手の力が強くなり、
顔を挟みこむように太ももを閉じる力が加わり、
ビクンビクンと身体が揺れたのでした。


イクと時間を置かないと体がついていかないようでしたので
休みを挟みつつ舐め犬に徹して合計3回イってもらえたようでした。





彼女は金融系の企業に勤め大勢の部下を抱えていて、
仕事中はほとんど笑ったりせず厳格で周りから恐れられているそうなのですが、
そんな女性が淫らになって快楽に酔いしれた表情を見せていてとても不思議に感じました。

というのも僕はなかなかのポンコツな人間でして、同じ会社にいたら間違いなく
毎日のごとく雷を落とされていると思うのです。

それが出会う場が変わるだけでこんなにも僕に対する接し方が変わり、
こんなにも女性の違った一面が見れるだなんて
初めて変態に生まれた良かったと思ったと同時に(笑)、
仕事ができるけどエロい
というギャップは素敵だなとしみじみ思いました。




「貴重なお時間を頂けて、すごく素敵な体験をする事ができました。ありがとうございました!
本当にあの日、勇気を出してメールした自分を褒めたいです(*^_^*)
なかなか目線を合わせてくれないので、あんまりお好みの感じではなかったかな。。と申し訳ない気持ちになっていたのですが、優しいタッチで心から癒され、最初の不安や心配はすっかりなくなり、素直に感じる事ができました。
あんなに素直に「して欲しい事」が言えたのは初めてでしたし、そんな雰囲気を作ってくれたのは流石ですね。して欲しい事はだいたいしてもらえたのも凄く嬉しかったです。どこまで応えてくれるのが益々期待値が上昇してるので、是非ともまたお願いしたいです。そして次回は髪の毛洗わせて(笑)」

女性の性欲

男性は性欲が強くても特に何も言われないのに、
それが女性だと少し性欲が強いだけで”淫乱”だとか”尻軽”だと言う人をたまに見かけます。
それって凄く悲しいことですよね。


そして前回も言ったことなのですが、
女性も女性で性欲が強いことに罪悪感を持つ必要もなければ恥かしがることもありません。

”性欲が強いのはいけないこと”

という意識が根底にあることが女性の性の悩みが尽きない理由の一つなのかもしれません。



「はじめまして。
メールをしてもいいものなのか迷いましたが話を聞いてもらえると嬉しいです。
めんどくさかったらスルーしてください。


私には2年間付き合っている男性がいました。
大恋愛の末にできた彼氏でした。
彼のことは大好きだったのですが…性欲が全くないようでほとんどセックスをしてくれませんでした。

そんなこともあってつい最近破局してしまいました。
苦渋の選択でしたが、私から別れを告げました。
彼氏はずっと泣いていました。


性欲が強い私がいけなかったのかな…?
我慢していればお互いが幸せだったのかな…?

自問自答の日々でした。

まだその答えは出ていません。


ブログに登場していらっしゃる女性たちは皆さんとても気持ちよさそうにされていて心底羨ましかったです。

読んでいて自然と涙がこぼれてしまいました。

ああ、これが私の感じたことがない”女の悦び”なのかな…と。

舐め犬さんに依頼したかったのですが、私は九州に住んでいて東京まで気軽に行ける距離ではないので
断念しようと思います。

あ、ごめんなさい、なんだか愚痴みたいになってしまいましたね(笑)

でも話を聞いてもらってすっきりしました!

早く気分を切り替えて新しい彼氏探し頑張ります(^_^)」
    (21歳・女子大生)




辛いことがあったんですね…。
心情お察しします。

その彼と別れるという貴女の選択が正しかったのかどうかは僕には分かりません。
ただ、このまま付き合っていてもお互いが不幸になるだけだっただろうなと思います。

そして、悲しんでいる女性の姿を見るのは好きではないのでお願いだから泣かないでください。


その涙は将来、貴女が素敵な彼氏さんに出会った時のために取っておいてください。
そして出会えた暁には僕に幸せいっぱいの報告をしにきてください。

ああ、あの時は凄くちっぽけなことで悩んでいたなぁ…
と、いつか一緒に心から笑い合える日が来ることを信じています。

応援しています!(^^)







「私は某県立高校で教師として働いています。
ここだけの話、人より性欲が強いと思います。

でも仕事が忙しく異性との出会いもなければ、性徒をそういう目で見るわけにもいきません。

なので恥ずかしながら夜寝る前に自分を慰めるために中指をパンツの中に滑らせ弄ることが日課となっています…。

本当は男性としたいです。
濡れ濡れになったアソコを男性に舐めてもらいたいんです…。

でも、教育者としてそういうことはしてはいけないという理性が働いてしまいます。


そんなときに従順な舐め犬さんのブログを発見したんです。
目から鱗でした。
女性だって性欲があって当たり前なんだ、快楽を求めていいんだ、と少し心が楽になりました。

いいパートナーに巡り合えるよう頑張ろうと思えるきっかけになったんです。

これからもブログ応援しています。」
    (29歳・教職員)




自分のブログが少しでも貴女の役に立ったと言うのであればそれほど光栄なことはありません。

教員という職業をされているゆえに禁欲的かつ自制的でなければならないと言われているのが
辛いところですよね。
加えて労働条件は厳しいと聞いていますし、自身にかかる重圧やストレスは相当なものだと思います。

ですが、教育者(聖職者)である前に一人の女性であるはずです。
職業倫理も大事なことだと思いますが、自身の性欲に正直になってあげてください。

どうしても辛くなったらまた連絡をください。
その時は僕が必ず貴女を助けます。

心と体の健康に気を付けてお仕事頑張ってくださいね。








「ブログ拝見しました。
他の舐め犬さん、性感マッサージ師さんや出張ホストさんと比べても誠実で真面目で素敵だなと思いました。

単刀直入に言います。
どうしたら私のことを抱いてくれますか?」
    (22歳・モデル)




ありがとうございます。
自分では全然そんなこと思っていないのですが素敵だとよく言われます(照)
抱かれて僕色に染まりますか?






まあ例のごとく全部僕が適当に考えた嘘のメールなんですけど、みなさんいかがお過ごしでしょうか?


(↑脳外科へ行って検査入院しようか?)



僕は相変わらずといった感じで
もし自分の体をスモールライトで小さくして女性のパンティの中に忍び込んだら
誰にもバレずに生活できるだろうか?できないだろうか?

そんなことを考えては結論が出ずの日々で頭が軽く混乱しています。


(↑脳外科へ行って検査入院しようか?2回目)







秘書女性に性感マッサージとクンニしてきた

「はじめまして
いつもとても興味深くブログ拝見してます。
どうしても興味があって、舐め犬さんのブログでの人柄を信じて勇気を出してメールしました。」




某職業の男性の秘書をされているという20代中盤の今回の女性は日々仕事を楽しんでいるものの
プレッシャーやストレスも少なからずあるようで、


日々の疲れを癒してほしい
性的欲求を満たしてほしい



という思いでメールしてくれたようでした。


性欲は強いものの2年近く男性とエッチなことをしていないそうなのですが
僕に依頼してくれる女性はセックスレスだという方がとても多くて大部分を占めている気がします。


この人は安全な男なんだろうか?
この人に自分の身体を委ねても大丈夫だろうか?


依頼してくれる方のほとんどがきっとそんな不安を抱きつつ勇気を出してメールしてくれるんだと思います。




男性は欲求不満になってもいくらでも解消できる機会があります。


ナンパ・出会い系サイト・SNS…etc

万が一それらが難しかったとしてもお金さえ出せば風俗というものを利用できます。



では女性はというと

ナンパなんてほとんどの方ができませんし、出会い系サイトやSNSも男性に比べて女性の方が
はるかにリスクが高いので慎重な女性だと出会いにくいです。

そして女性向けの風俗は数が少ないながらもあるにはあるのですが、男性と違って気軽に利用できる風潮は世間にはないし、
いい加減なところも少なくなく、望んでいないのに本番行為(挿入)を求めてくるなどトラブルに遭うケースもあると聞きます。


さらに女性は”男性なら誰でもいい”ということはなく心や体を許せる男性を求めるので中々出会えず
欲求不満を解消する機会がどんどん失われていきます。





女性は安心して性欲解消ができない





果たしてこんな世の中があっていいのだろうか?


女性だって男性に負けず劣らず性欲はあります。

今は男尊女卑が根付いていた明治時代ではありません。
21世紀です。
女性の性欲を軽視するなんて時代遅れも甚だしいと思っています。

女性は性欲を発散しにくいこんな世の中に、
微力ながらも一石を投じる存在になりたい
そんな所存でございます。



(↑発言だけはイケメン)







声を大にして言わせてください。



女性であることの悦びを知ってください。


性欲があることを恥ずかしいと思わないでください。


頑張る貴女を応援させてください。






なにより…





僕は下心など抜きにして純粋に女性の役に立ちたいと思っています。





(↑要約: 「お願いです!土下座するのでクンニさせてください」  )





1週間ほどメールをして会うことになり、都内某駅のファーストフード店の前で落ち合います。


「はじめまして」
「なんか緊張しますね(笑)」



大人しそうな雰囲気で礼儀正しく、どことなく瀧本美織さんに似ていて目が大きく可愛らしい女性が
現れたので僕も緊張します(*´Д`)


ラブホテルの部屋に入るなり二人でベッドの淵に腰掛け密着しふざけてちょっかいを出していると女性も応じ、
ハグをしてゴロンと横になります。


「これだけで満足できそう…」


ポツリとそんなことを言うのでよっぽど人肌が恋しかったのかな~と思いながら、
お互いの身体の温もりを感じ合います。


しばらくハグをした後は湯船にお湯を入れ、二人でお風呂に入ることになります。


キャンギャルのバイトをしていたこともあるそうなのですが
スレンダーな身体に鼻血が出そうです(*_*)


僕が後ろから抱きしめる体勢になり、頭をなでなでしたり耳や首筋にキスをしたり
舌を這わせたりします。


「舐めるの上手ですね…」
「んっ……すごく気持ちいいです…」




自分のお粗末なちん〇が背中に当たってないか心配でしたし笑、
続きはベッドの上でしたかったので全身を舐めたくなる気持ちをグッと堪え、
20分ほど湯船で暖まった後は女性の要望だった全身をボディソープを使って洗ってあげて
浴室を後にします。


暖房を強めにして暖かくしてから部屋を薄暗くしバスローブを脱いでもらい
してほしいと言っていた性感マッサージを始めます。


どこを触られるか分からない状態になった方がМな女性は興奮する場合が多く
快感にも集中してもらえると思ったのでアイマスクをつけてもらいまずはうつ伏せになってもらいます。


10本の指を軽く広げ足首からソフトタッチでゆーっくりと動かします。


「あっ…!」


ビクッと体を震わせると同時に声を発します。

くすぐったくないかを聞きながらいろんな箇所を指で這わせて感度が高いところを探ります。

どうってことのない箇所でもくすぐったがる女性も中にはいるのですが、
今回の女性は全身が性感帯のようです。


背中をソフトタッチで10本の指を使ってスーッと動かしながら触った時には

「ヤバい」
「気持ちよすぎる」
「ハマっちゃいそう」


と体を震わせたりビクッとさせながら快感に身を悶えていたようでした。



同じくらい太ももの内側も感じていたような気がします。

膝周辺の内ももから女性器にギリギリ触れないくらいの箇所まで、
ソフトタッチで指を這わせ続けたのですが
焦らされるのが辛くて早く直接アソコにさわってほしいのか、
体をくねらせたりしながら両足の開き具合が徐々に大きくなっていく姿が
とてもエロかったです(*´Д`)



最後は全身を舐めたりクンニをしたりしました。



P_20170225_165005_BF.jpg

クンカクンカ



P_20170225_164441_BF.jpg

クンカクンカpart2








「今日はありがとうございました!

体洗ってもらったり、色んな体勢でたっぷりクンニしてもらったり、顔面騎乗したり、思う存分甘えさせてもらったりと、して欲しかったことは全てしてもらえて大満足です(*´꒳`*)

フリータイムで時間余ったらどうしよう、と軽く心配してましたがあっという間でした(^-^)
良ければまたぜひお願いしたいです♪」

性感染症(性病)について

話は変わって、少し真面目に性感染症(性病)について自分が思うことを話したいと思います。


このようなブログを開設している以上、真剣に向き合わないといけないことだと思っています。


性感染症は舐め犬をしている自分が間違いなく一番心配していることです。


当然のことながら絶対に感染したくないと思っています。


僕はSEXはしないので男性器の性感染症の心配は全くないのですが、
主な心配事は咽頭【のど】の性感染症です。


女性器を舐めても感染しにくいものなのか、
今まで会ってきたすべての女性がたまたま健康体だっただけなのか、
自分の喉の免疫力が強いのか、
色んなことが幸運だっただけなのか、
理由は定かではありませんが


今に至るまで性感染症の検査をして陽性(異常あり)だったことは一度もありません。



これまで僕が女性にお会いした人数は数人ではありません。
数多くの女性にお会いしてきました。
その僕が検査をしての結果です。

それだけに、ちょっとやそっとじゃ感染しないものなんだろうなと思っています。

僕よりはるかに長く活動をされている先輩舐め犬の方々が性感染症の検査結果の写真とともに
今まで性感染症に感染したことがないと報告されていたのを見たことがありますが、
そのことからも多少の裏付けはされていると思います。




ただ、

舐め犬をしていく上でこれから先も性感染症にならない保証はどこにもありません。


当たり前の話ですが、多くの女性に会えば会うほど感染するリスクは高くなってしまいます。


これまで通り定期的な性感染症の検査は当然必要ですが、
会う女性の数を少なくしリスクを減らすことも大事なことなのかなと思います。


必要以上に心配することはないと思っていますが、
シビアな問題ですので用心してもしすぎることはありません。



せっかく自分のことを気にいってくれてお会いしてくれたのに
性感染症をうつしてしまった
なんてことになったらあまりにも申し訳が立たないので
可能な限りそれは避けることができるよう自分なりに努めたいと思います。



プロフィール

従順な舐め犬

Author:従順な舐め犬
女性に舌や手などで奉仕することが好きです('ω')ノ


Twitterの新しいアカウント→@peroperoinu1

クンニ・性感マッサージ依頼やお問い合わせはこちらから→peroperoinu@gmail.com


年齢:アラサー
住所:東京
趣味:読書・散歩・スポーツ観戦・語学
性格:明るいけど人見知り
職業:安月給の印刷関係の仕事

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング